大学コンソーシアム京都 単位互換制度

科目について

科目について

About Course

VOICES

京(みやこ)を学ぶA.京(みやこ)を学ぶ

「ミュージアムPBL科目」担当教員・施設担当者インタビュー

葉山 勉先生

【担当教員から】
葉山 勉 先生

京都精華大学

Q1:この科目のねらい、魅力は?
マンガを日本を代表する文化として位置づけ、ミュージアムが抱える問題点を解決し、またミュージアムの魅力を高めるための企画を考えます。具体的には展示企画、イベント企画、インテリアデザイン、資料アーカイブの活用企画、情報発信企画などが期待されています。案作成にあたっては、他大学の学生でグループをつくり、ミュージアム関係者と協議を重ねながらまとめていきます。
Q2:実際に開講していかがでしたか
現在のマンガミュージアムに求められている、さまざまな提案を考えてプレゼンテーションすることができたと思います。5大学10学部の学生が集まった授業では、みなさん積極的にコミュニケートしていて、安心しました。考え方や発想が違うアイデアが出たことの背景には、異なった価値観を持っている学生達が集まったことのプラス効果があったと思います。
Q3:今後の授業の取り組みや計画、参加する学生への期待をお聞かせください
来年度は、さらにミュージアムが所有する貴重な資料を活用した企画、実践を予定しています。他の大学、他の専門領域で学んでいる学生との交流を楽しんで、一緒に企画案を作成して欲しいと思います。
山元 英昌 様

【施設担当者から】
山元 英昌

京都精華大学/京都国際マンガミュージアム

Q1:授業を受け入れる理由について:事業等における課題解決・効果、大学・学生に対しての期待について
日本のマンガ文化を世界に発信し続ける、京都国際マンガミュージアムの魅力をより高めると同時に、来館されるお客様の目線での諸問題の改善策や企画等、スタッフでは思いつかないアイデアに出合えることを楽しみにしております
Q2:実際に授業を受け入れて:フィールドワーク、成果報告内容などから、学生の取り組みについて感じられたこと
皆さん問題点を発見し理想の在り方を提示することは比較的容易にできるのですが、それらを具体的にどの様に解決へと結びつけるか、その過程や具体策を提示することの難しさや、大切さを学ぶきっかけとなったように思います。
Q3:学生の活動内容についての評価:Q1での期待に対しての評価、今後取り組んでほしい課題やテーマなど、今後、この授業に参加する学生の学びや成長に対する期待について
グループワークではお互いのコミュニケーションがとても大切ですが、自分とは違う考えを受入れ、自分の考えもきちんと伝えるというごく当たり前の事が意外と難しい。Q2でも述べましたが、皆が互いに意見を交換し合いながらより良い一つの発表に結びつける過程の大切さを学べる事がこのフィールドワークの魅力だと思います。
Q4:その他、メッセージなど
日本のマンガ文化を世界に発信し続ける、京都国際マンガミュージアムの事を知ってもらいたいです。

科目ページへ戻る

PAGE TOP