大学コンソーシアム京都 単位互換制度

単位互換制度 他大学の科目で単位が取れる!
scroll

Contents

  • 単位互換制度パンフレット
  • 京都世界遺産PBL科目京都ミュージアムPBL科目

Concept

「単位互換制度」で他大学の科目が受講できる

単位互換制度とは、他の大学・短期大学において修得した授業科目の単位を自大学の単位として修得したものとみなされる制度です。大学コンソーシアム京都では、前身の「京都・大学センター」が発足した1994年から本制度を運用しており、現在ではおよそ45校の加盟校と協定を締結し、多くの学生が履修しています。特色ある科目としては、PBL(※)の学修を取り入れた「京都世界遺産PBL 科目」が開設されています。2020年度からは「京都ミュージアムPBL 科目」を新設し、京都ならではの科目を提供しています。2021年度からは、オンラインのみで受講できる科目も多数提供されています。

※受講料は無料ですが、受講科目によっては所定の実習費や材料費等が必要となる場合があります。
※PBL(Project Based Learning)とは、課題発見・解決型の能動的学修のことです。

単位互換制度

Application

出願は
「単位互換・京カレッジポータルサイト」から

単位互換科目のシラバスは、単位互換の専用システム「単位互換・京カレッジポータルサイト」から確認できます。テーマ、授業形式、開講曜日・講時、開講大学などから検索ができます。

履修登録・学修支援システム

履修登録・学修支援システム

単位互換・京カレッジポータルサイト