大学コンソーシアム京都 単位互換制度

科目について

科目について

About Course

VOICES

京(みやこ)を学ぶA.京(みやこ)を学ぶ

「京都世界遺産PBL科目」担当教員・施設担当者インタビュー

朝比奈 英夫先生

【担当教員から】
朝比奈英夫 先生

京都光華女子大学

Q1:この科目のねらい、魅力は?
仁和寺は京都を代表する古刹です。長い伝統によって培われた仁和寺の魅力を学生と一緒に掘り下げて、効果的に発信する、ということを目標に置きました。プログラムの中で、仁和寺宗務総長吉田様、学芸員朝川様のご講義を頂戴することができました。学生にとって、貴重な機会であったと思います。お二方のご講義から知られるのは、仁和寺が従来の寺院という枠組みを超えて、新たな魅力を常に開拓し発信し続けているということです。その姿勢こそが、世界遺産としての仁和寺の魅力の核心だと言えるでしょう。長い伝統を新たな姿で発信していくエネルギーに溢れた世界遺産、仁和寺を体験的に学ぶことができる授業が、この世界遺産PB L科目だと言えます。
Q2:実際に開講していかがでしたか
仁和寺様のご厚意で、境内見学の便宜を図っていただくなど、学生を温かく迎え入れていただきました。学生たちもできるだけそのご厚意に応えようと努めていました。5月に始まり、12月の成果報告会まで、7ヶ月にわたる長丁場でした。また、コロナ感染症対策のため、授業予定が変更を余儀なくされたこともありました。この間にモチベーションを保つのは、難しいところもあったかと思います。次回からは、この反省点を踏まえて、時期を区切って課題を具体的に設定するなどの工夫をしたいと考えています。
Q3:今後の授業の取り組みや計画、参加する学生への期待をお聞かせください
今後に予定している取り組みとして、京都市など行政が公表している観光関係のデータの利用を、積極的に取りれていきたいと考えています。具体的なデータに基づいて、仁和寺の持つ世界遺産としての性格と位置をしっかりと理解し、その上で、効果的な魅力の発信方法を考案してくという、段階的なプログラムを用意したいと計画しています。担当する教員も日本文化、社会政策、統計・データサイエンスの専門家が加わります。学生の皆さんが教員と一緒に、楽しみながら授業に参加して、仁和寺の新たな魅力を発見してくれることを期待します。
Q4:その他、メッセージ等
統計データを扱うので、受講する人は、教室に持参できるノートパソコンが必要です。
竹中 亮寛 様

【施設担当者から】
竹中 亮寛

総本山仁和寺総務部総務課

Q1:授業を受け入れる理由について:事業等における課題解決・効果、大学・学生に対しての期待について
私たちの取り組みや寺院の抱える課題について次世代の若者に知ってもらい、仁和寺を身近に感じていただける良い機会であると感じています。また課題から問題解決の手段を現場のフィールドワークと学びを通してゼロから作り出す経験は学生にとっても非常に有益なものです。宗教文化や文化遺産への理解を深め、今後の社会活動にぜひ生かしていただきたいと考えております。
Q2:実際に授業を受け入れて:フィールドワーク、成果報告内容などから、学生の取り組みについて感じられたこと
寺院の抱えている課題や、現在の取り組みについて学生たちに学んでいただける機会を得ることに大きな喜びを感じます。若者独自の観点から寺院運営の課題解決方法を提案してくださることも新鮮に感じ、大変感謝しております。学生たちの熱心に取り組む姿を見て将来のますますのご活躍を期待するばかりです。
Q3:学生の活動内容についての評価:Q1での期待に対しての評価、今後取り組んでほしい課題やテーマなど、今後、この授業に参加する学生の学びや成長に対する期待について
成果物が単なるアイデア提案となるのか、実施要項の提案となるのかは取り組まれる学生たちの自主性によります。フィールドワークの回数や打ち合わせ、この取り組みにかけた時間は学生たちの今後の社会活動の大きな糧になります。また、学年の異なる他の学生との出会い・つながりが出来ること、非常に有意義に思います。大切になさってください。

科目ページへ戻る

PAGE TOP