大学コンソーシアム京都 単位互換制度

科目について

About Course

京都の世界遺産が学びのフィールド

産官学連携プロジェクト:仁和寺で学ぶ京都の観光と
文化財~京都世界遺産PBL~

洛北、双ヶ岡の北麓に壮大な伽藍を構える真言宗御室派の仁和寺は、 建造物などの不動産だけでも、国宝、重要文化財のほか、登録有形文 化財、国名勝・史跡など、バラエティに富んだ文化財を有する大寺院 である。特に近年は、1泊100万円の宿泊で話題を集めた「松林庵」文 化体験プログラムや紅葉のライトアップに特別な入場料を設定し写真 愛好家を集めるなど、文化財を活用した先進的な企画を数多く発表し 続けている。こうした動きは、昨年の文化財保護法の改正により、文化財のあり方を「保存」から観光に資する「活用」に舵を切った国の 方針転換の延長線上に位置づけられる。

様々な取り組みを行う仁和寺にスポットを当て、世界遺産としての魅力を掘り下げる。それととも に、仁和寺が有する貴重な文化財の活用と保存にも注目して、持続可能な世界遺産という課題にも向き合う。授業は、教室での活動と現地の見学・ヒアリングで行い、文化財の活用を通した京都の世界遺産寺院の「経営」戦略を学ぶ機会にしたい。なお、この授業はコンソーシアム京都「世界遺産PBL科目」の一つであり、他大学の学生と協同で授業を作り上げる。

 

こんな学生に向いてます

  • せっかく京都の大学で学んでいるので、京都の世界遺産の一つを徹底的に極めたい。
  • 著名な寺院の「表向きの顔」だけでなく、裏側の部分も覗いてみたい。
  • 世界遺産の寺院の普段非公開の部分も探検したい。
  • 注目されている「京都の観光」について、多面的な視点から学びたい。

授業情報

受入先 仁和寺
科目提供 京都光華女子大学・短期大学部
科目名 産官学連携プロジェクト:仁和寺で学ぶ京都の観光と文化財~京都世界遺産PBL~
担当教員名 朝比奈 英夫

シラバス参照

PAGE TOP