大学コンソーシアム京都 単位互換制度

科目について

About Course

京都の世界遺産が学びのフィールド

京都の世界遺産PBL~
上賀茂神社の魅力を学生の視点で発信する~

この科目は、上賀茂神社(正式名称:賀茂別雷神社)から提示された課題(今年度は「上賀茂神社の魅力を学生の視点で発信する」をテーマに、具体的には「水」をキーワードに、7月25日(日)開催予定の「賀茂の水まつり」の活性化を目標とする。今年度は7月24日(土)にもイベントを行う可能性がある)に、学生がチームでその解決に取り組む、実践的なPBL (Projectbased Learning) 科目である。
 上賀茂神社は、平安建都以前からの由緒をもつが、平安建都以後は平安京の守護神として、さらには国家の神社として重要な役割を果たしてきた。日本の古典文学(『源氏物語』・『百人一首』など)にも登場し、江戸時代も葵使が毎年江戸城に派遣され、神社の運営にあたった社家の人たちの町並も残っている。
 現在上賀茂神社で最も有名なものは、5月の葵祭(賀茂祭)であろうが、ほかにも多くの行事があり、近年は神社での結婚式(和婚)も増え、また2015年には式年遷宮も行われた。

 京都産業大学は、これまでも上賀茂神社と連携した活動を行い、成果をあげてきている。この科目で他大学の学生とも共同し、課題解決をめざすことになる。PBL科目は、課題解決のため、授業時間以外にもメールによる連絡や現地(上賀茂神社)訪問、イベント開催などが必要となってくる。通常の授業よりもハードだが、主体性・考え抜く力・チームで働く力などが実践的に身につくと考えられる。応募者には、その自覚と覚悟、主体的・積極的な参加を期待したい。

 

こんな学生に向いてます

  • 上賀茂神社の活動・行事を理解し、積極的に関わろうという意欲のある人
  • 教室での授業以外に、メールで情報交換ができ、ミーティング・イベント等(特に7月28日(日)の「水まつり」本番や12月15日(日)の発表会)にしっかり参加できる方。

授業情報

受入先 上賀茂神社
科目提供 京都産業大学 文化学部
科目名 京都の世界遺産PBL ~上賀茂神社の魅力を学生の視点で発信する~
担当教員名 吉野 秋二

シラバス参照

PAGE TOP