大学コンソーシアム京都 単位互換制度

科目について

科目について

About Course

VOICES

京(みやこ)を学ぶ京(みやこ)を学ぶ

「ミュージアムPBL科目」参加者の声

浜口 沙穂さん

 浜口 沙穂さん
 (ハマグチ サホ)

京都女子大学 2回生

京都観光振興研究(毛利先生)

Q1 この科目をどのように知りましたか?
1年生の時に、パンフレットを見つけて知りました。本当は1回生の時から参加したかったのですが、コロナの影響で2回生での参加を決めました。
Q2 この科目に興味を持った点はどこですか?
観光や地域活性化に興味があったので、京都の観光について学べそうだと興味を持ちました。
Q3 この授業であなたががんばったことやためになったことはどんなことですか?
頑張ったのは最後の発表。積極的に話し合いやパワポ作りに取り組みました。ためになったのはこれからの観光はただ、観光客を呼んで経済循環を目指すだけではなく、「持続可能」であることを意識しなければならないことが分かったこと。SDGsと観光には深い関係があると知ったことです。
Q4 授業の中で、がんばったけどうまくいかなかったこと、しんどかったことはありましたか?あった場合は、どんなことですか?
上回生が多かったので、初めての授業は緊張しました。また、若干周りと温度差を感じた場面もあり、どう動けばいいか戸惑いました。
Q5 この授業を受けて、あなたが成長できたなと実感する部分はどこですか?
観光の現状と、今後の具体的な問題点について知ることが出来たことです。特に他の班の「京都はテーマパークじゃない」という発表テーマが自分には目から鱗でとても印象に残っており、卒論を書く時に取り入れたいなと思いました。自分にない観点から意見を吸収出来たのはすごくよかった部分だと思います。
Q6 この授業を人にオススメするポイントがあれば教えてください。
観光や地域活性化に興味がある人にはぜひ受講をおすすめします。旅行会社の方やその分野を研究している教授と言った様々な面から観光について考えることが出来ます。 また、B&Sプログラムがあるので、京都の魅力について調べるだけでなく伝えることも出来ます。すごく楽しいです!
Q7 「単位互換」のことをまだ知らない学生や、知っているけど迷っている学生が、「単位互換」を受講してみようと思えるようなメッセージをお願いします。
色んなテーマで授業が行われているので、まずは気になった科目を受けてみるのもおすすめです!

科目一覧へ戻る

PAGE TOP