大学コンソーシアム京都 単位互換制度

科目について

About Course

京都のミュージアムが学びのフィールド

京都市京セラ美術館をプロデュースする

京都市美術館は、1933年に開館、公立美術館としては東京都美術館につぎ日本で2番目に開館した歴史のある美術館である。 本館は、2017年4月からリニューアルにむけて休館中となっていたが、2020年3月21日に京都市京セラ美術館として、新たに生まれ変った。
 本授業では、京都市京セラ美術館をフィールドとして、
 ①美術館の基本的な運営方法を理解する
 ②美術館の実際の運営を通して課題発見力、問題解決力、実行力を向上させる
 ③グループワークや学芸員とのやりとりを通してコミュニケーション能力を向上させる
 ④京都市京セラ美術館の魅力・価値を高める企画立案・提案をおこなう
を目標とする。そのためグループワークを基本としたPBL(プロジェクト・ベースド・ラーニング)型のアクティブ・ラーニングによる授業をおこなう。
 授業では、まずミュージアムの基礎的な知識を学び、現状の課題を把握することで、グループワークを通して、新たな層の集客や社会貢献の視点から、問題解決にあたっては「地域×美術館」、「教育×美術館」、「国際×美術館」といった観点で企画立案・提案までを目指す。
 授業の成果は12月開催予定のコンソーシアム京都主催成果報告会で、京都精華大学・同志社大学・立命館大学での実施PBL授業と共に報告する。
 なお授業実施は通年で不定期開講となる。

 

こんな学生に向いてます

  • 美術一般に関心がある人
  • 美術館・博物館に関心のある人
  • 美術館・博物館の仕事をしてみたい人
  • 自分のアイディアで京都市京セラ美術館を盛り上げたい人
  • 京都・岡崎地域の歴史と文化に関心のある人

授業情報

受入先 京都市京セラ美術館
科目提供 大谷大学
科目名 フィールドワーク特殊演習(PBL)
担当教員名 宮﨑 健司

シラバス参照

PAGE TOP